緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬

緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。



このサイトについて

緑内障,症状,原因,検査,遺伝,薬,眼圧,手術,名医,薬,禁忌

このサイトを作ろうと思ったきっかけは、自身が緑内障だとわかったからです。

 

「まさか自分が緑内障になるなんて!?」と当時はかなりショックも大きかったのですが、幸いにも早期発見でした。

 

今治療を続けながら症状も抑えられているので安定しています。

 

元々冷え性で貧血気味だったこともあって、健康には注意していたのですが、これが目の病気につながるとは考えてもみませんでした。

 

年齢的にもそろそろメガネを作ろうと思い、眼科で目の検査をしたとき偶然緑内障だとわかったのですが、メガネを作ろうと思わなければ今も気づかないまま症状が進行していたと思うと怖くなります。

 

私の場合は運良く偶然発見できましたが、気づかないままの人も多いと聞き、緑内障の怖さと、完治は無理でも治療で進行を抑えることができるということを紹介したかったのです。

 

確かに最終的には失明という怖いイメージがありますが、緑内障とわかった時点ですぐに治療を開始すればそれ以上進行することを抑えられるので、失明のリスクは回避できます。

 

緑内障は検査ですぐにわかるものですが、原因も症状にも種類があるので、少しでも緑内障のことを理解し予防に役立てばと思いこのサイトを立ち上げました。

 

緑内障の治療法にも種類があり、点眼薬の種類だけでも数十種類以上になります。

 

でもきちんと治療を続けていけば、普通に生活できるのであまり病人という意識はありません。

 

早期発見&早期治療の大切さと、緑内障でも普通に生活できることを理解した上で、予防や改善に役立てていただければ幸いです。

 


緑内障改善エクササイズとは?

緑内障に効果があるというエクササイズがあります。

 

これを試すにはDVDや本を購入することになりますが、実際に勧められてもあまりいい気はしませんよね?

 

本当に効果があれば試してみてもいいかもしれません。

 

しかしインターネットで検索すれば、簡単にできるエクササイズの方法を紹介している動画などもあるので、まずはそういうものから試してみるのもいい方法です。

 

エクササイズの方法もいくつかありますが、実際に緑内障エクササイズのDVDを監修している人が紹介しているエクササイズもあります。

 

例えば目の周りからおでこを軽く握った握りこぶしでトントンと叩いていく方法や、肌に手を当てたまま離さずに上下させ振動させるなどの方法があります。

 

これは眼精疲労やドライアイにも効果があるという方法です。

 

要は血行を促進させ、血流障害を改善する方法の一つです。

 

眼圧が高い場合は点眼薬でも治療できますが、血流障害の場合は点眼薬だけでは改善できないので、緑内障エクササイズを取り入れるのも効果的です。

 

目が疲れたと感じた時に簡単にできる方法です。

 

例えばお風呂に入った時、湯船につかりながらエクササイズすれば血行促進効果もアップします。

 

忙しくて時間が取れない人も、お風呂の時間や寝る前の数分間を利用すれば毎日緑内障エクササイズを続けることができます。

 

大切なのは毎日続けることです。

 

緑内障の改善にも予防にも効果があるので、毎日の習慣にしていきましょう。

緑内障改善エクササイズのメリット

緑内障改善エクササイズのメリットと言えば、自宅で手軽に続けられるところでしょう。

 

点眼薬での治療は眼圧を下げるのに効果的ですが、緑内障の原因は高眼圧だけとは限りません。

 

多くの場合、血流障害も緑内障の原因となっています。

 

緑内障改善エクササイズでは、血行を促進させることで血流障害を改善していくという目的があります。

 

目の周りを軽くマッサージしたり、目だけでなく腕や足など体全体の血行を促進させることで、血流障害を改善することができます。

 

ただし目の周囲は皮膚も薄いですし、目を圧迫しすぎたり、強く叩いたりすると目にダメージを与えてしまいます。

 

マッサージやタッピング(軽く叩く)をする場合は、力加減にも注意しておきましょう。

 

緑内障改善エクササイズで有名なDVDなどもあります。

 

お金を出すのが嫌じゃない場合は詳しいエクササイズのやり方を習得できるので試してみるのもいいかもしれません。

 

全額返金保証などもついていますので、とりあえずやってみて効果が実感できなければ返品することも可能なら安心です。

 

緑内障の原因が血流障害にある場合は、点眼薬での治療だけでは限界があるので、手軽に実践できるエクササイズも取り入れるのは効果的です。

 

エクササイズとは少し違いますが、蒸しタオルパックで目を温めるだけでもかなり疲れが取れてスッキリしますので、色々な方法を試してみましょう。

緑内障改善エクササイズのデメリット

エクササイズ自体は誰にでも簡単にできる方法ですが、やり方を知るためにDVDを購入しなければいけないのはややデメリットに感じます。

 

有名な緑内障改善エクササイズのDVDがあります。

 

ですが、主に血流障害が原因の場合に効果的なエクササイズなので、眼圧が高い人には向かないのでは?という不安もあります。

 

また効果があると言われても、症状、原因、効果の実感の仕方には個人差があります。

 

DVDで紹介している方法で実際に効果を実感できる人もいれば、全く実感できない人もいるでしょう。

 

有名な緑内障改善エクササイズには、返金保証などもついていますが、全ての人に効果的ではないところはデメリットに感じます。

 

DVDを観れば詳しい方法もわかりますが、簡単な方法としていても実際にやってみると面倒に感じてしまう人もいるでしょう。

 

この場合は長続きしないので、デメリットになってしまいます。

 

こういう場合は、わざわざお金を出してDVDを購入しなくても、眼科で血流障害を改善する方法を教えてもらうこともできます。

 

またエクササイズは毎日続ける必要がありますし、即効性は期待できないので考え方によってもデメリットになってしまうかもしれません。

 

緑内障を改善したり予防するのにエクササイズも効果的ですが、食事や生活習慣も緑内障の原因になるので、生活習慣の見直しもしてみましょう。

 

規則正しい生活を送ることで、意外な効果が出ることもあります。

緑内障改善エクササイズの効果

緑内障改善エクササイズでは血流障害を改善するための方法を紹介しているので、緑内障エクササイズをしていれば全ての緑内障が治るというわけではないようです。

 

眼圧が高い場合は点眼薬などで継続的な治療が必要になるので、その一環でエクササイズを取り入れるのはいいかもしれません。

 

しかしいくら効果があるからといって、点眼薬での治療をしなくていいというわけではないので注意も必要です。

 

医師に相談して、緑内障改善エクササイズを取り入れてもいいかどうか、事前に確認しておくと安心です。

 

血流障害の場合は、血行を促進させることで改善されます。

 

緑内障改善エクササイズでは、軽く叩いたりツボ押しのようなことをしながら、血行を促進させる方法が多いようです。

 

ただし効果を出そうとするために、強く叩きすぎてしまうと目に負担をかけるので正しいやり方を覚えることも大切です。

 

目の周りは他と違い、鍛えるとか血行を良くするのが難しいので、意識してエクササイズをすればそれなりの効果は実感できるでしょう。

 

大切なのは緑内障改善エクササイズだけでなく、生活習慣や食事のバランスです。

 

どれか一つだけ特化してもバランスは良くならないので、全体的なバランスを考えて緑内障予防や改善のために努力をすることも大切です。

 

もう一つ大切なのは毎日続けることです。

 

思いついた時だけやるのではなく、毎日の習慣にできるよう取り入れやすい方法を見つけましょう。

緑内障改善エクササイズをやった感想

実際に動画などを参考にしてやってみると確かにポカポカと体が温まるのを感じるので、血流障害を改善するには効果的に思えます。

 

ただ話題のDVDを購入しなくても、血行を促進させる方法はあるので、思いついたことを取り入れていくという方法でも十分に効果は出るような気もします。

 

話題の緑内障改善エクササイズのDVDは、全額返金保証も付いているので、とりあえず試してみてもいいかもしれませんね。

 

緑内障にも原因の違いや、症状の進行具合など個人差があります。

 

例えばいくら口コミなどで広がり話題になっているDVDがあったとしても、薬を使わずに治療できるというのはちょっと不安に感じます。

 

血行促進作用を実感できれば血流障害は改善できますが、これで緑内障が完治することはないですし、眼圧を高くしている原因をスッキリ解消できるものではないからです。

 

あくまでも点眼薬などで治療を続けながら、それにプラスして緑内障改善エクササイズを取り入れるというのがいいのではないでしょうか?

 

緑内障というのは適切な処置を怠ると失明のリスクが高まります。

 

緑内障エクササイズをしていれば大丈夫だからと、点眼薬の使用を勝手に中止することのないよう注意しましょう。

 

あくまでも緑内障の治療を続けながら、予防や改善のために取り入れるといったイメージですね。

 

緑内障でもウォーキングなど軽い運動はできるので、運動も取り入れていきましょう。

緑内障改善エクササイズの口コミ・評判

緑内障改善エクササイズの口コミ・評判をチェックしてみると、どれも同じような内容ばかりです。

 

話題になるということはそれなりに効果も実感できそうな気もしますが、緑内障には種類もあれば原因や症状は個人差もあります。

 

緑内障は初期〜中期にかけてはほとんど自覚症状がないので、気づかないことも多いため気づいた時にはかなり症状が進行しています。

 

中には失明寸前で緑内障だとわかるケースもあるので、こういう場合に緑内障改善エクササイズが本当に効果があるかは疑問です。

 

緑内障の人すべてに効果アリというものではないので、あくまでも予防&改善のために取り入れるのならいいかもしれません。

 

口コミを見るといいことが多く書いてありますが、一部ではインチキでは?という意見もあります。

 

緑内障は治療を続けることが大切なので、口コミでいかにも緑内障改善エクササイズだけで緑内障が治るというのは少し言い過ぎのような気もします。

 

緑内障の予防策の一つとして取り入れるのなら問題ないと思いますが、念のため医師に確認しておくといいでしょう。

 

ただネットでの口コミを見る限りでは、かなり評判もいいので試してみてもいいかな?という気持ちになるのもわかる気がします。

 

緑内障改善エクササイズを取り入れる場合はこれで治ると考えずに、あくまでも改善することを目的にしておくといいでしょう。

 

毎日無理なく続けることも大切なので、緑内障改善エクササイズを取り入れる場合は三日坊主にならないよう自分の生活に合わせて取り入れていきたいですね。

緑内障改善エクササイズが向いている人

緑内障改善エクササイズが向いている人は、緑内障であってもごく初期の段階で発見して、点眼薬など治療で状態が安定している人でしょう。

 

眼圧が高いことと、血流障害など原因も一つではないので、必ずしも緑内障改善エクササイズが必要ではないケースもあります。

 

緑内障改善エクササイズは、目の周囲や顔周り、腕から足にかけてトントンと軽くたたくことで血行促進させることができます。

 

でも眼圧が高い時にこれをやってしまうと、目に負担をかけてしまいます。

 

また、手術やレーザー治療の後は刺激を与えない方がいいので、取り入れる場合は必ず医師に相談することをおすすめします。

 

緑内障の治療はずっと続くので、簡単に治せるものではありません。

 

状態が落ち着いていれば安心ですが、だからといって勝手に治療を中止すると原因が再発するので症状が進行します。

 

徐々に視野が欠けていき、失った視野は二度と元に戻せません。

 

緑内障改善エクササイズで視野を取り戻すことはできないので、それ以上症状を進行させないことが重要です。

 

40歳以降に徐々に緑内障のリスクが高まっていくと言われているので、予防のために取り入れるのはいいかもしれません。

 

血流障害を起こしやすい人は、血行促進作用のあるエクササイズは効果があると思うので、毎日続けることでプラス効果はあると思います。

 

ツボ押しやマッサージなど、簡単な方法なら毎日の習慣にしやすいですね。

 

ただしこの場合も一応医師に相談しておくと安心です。

あなたは緑内障を軽く見ていませんか?

緑内障と白内障はなんとなく似ているので、同じような病気と考える人も多いようです。

 

しかし白内障と緑内障は全く違う病気ですし、結末も変わってきます。

 

白内障は高齢者に多い病気ですが、一部を除いて手術をすれば完治も可能です。

 

緑内障は40代からリスクが高まると言われていますが、赤ちゃんや20代〜30代でも発症することがあります。

 

緑内障は視神経にダメージを与える原因が起こり、それによって徐々に視野が狭くなりやがて失明に至る病気です。

 

現在では進行を食い止める対処療法しかなく、完治はできません。

 

さらに失った視野は二度と元には戻せませんので、そうなる前に進行を食い止める治療を開始することが重要です。

 

緑内障は厄介なことに片方の目だけに症状が出ることが多いので、両目で物を見ているとそれに気づきません。

 

自分が緑内障であることに気づかないまま生活している人も多いので、少なくとも40歳を過ぎたら年に1回は目の健康診断を習慣にしておきたいところです。

 

もしも緑内障だったとしても、治療をして進行を食い止めることができれば失明のリスクは回避できますし、視野の欠損も最小限に抑えておけます。

 

自分は大丈夫ということはありません。

 

誰にでも緑内障のリスクはありますし、生活習慣や食生活も原因になりうるので予防はとても重要です。

 

生活習慣病を予防するのと同じように、目も健康診断を習慣にしていきましょう。

 

発見が早いほどダメージも少なく済みますが、遅れるほど進行するので失う視野も多くなってしまいます。


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー