緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障とは?

 

緑内障というのは目の病気の一つで、視野が狭くなる病気です。

 

目の病気ですが初期には自覚症状がほとんどなく気づきにくいので、気づかずに過ごしてしまう人も多いと言われています。

 

また進行速度も比較的ゆっくりなので、余計に気づきにくくなってしまいます。

 

視野をコントロールする脳の部分に何らかの原因が起こることで、視野が狭くなっていきます。

 

高齢者に多い病気なのである程度の年齢になったら、目の定期検診や健康診断を心がけておくと安心ですね。

 

発見しにくい病気であることと、症状が出て緑内障だとわかった場合には最悪失明する可能性もあるので軽視できない病気です。

 

また緑内障の多くがどちらか片方の目だということも発見が遅れる原因となります。

 

片方の目に何らかの視野の障害があっても、もう片方の目で補うためなかなか気づけないのです。

 

ごくまれに両目に症状が出る人がいますが、大半は片方の目だけなので気づかないことも多いようです。

 

また症状を感じてもその症状が疲れ目などとよく似ています。

 

年齢的にも目が疲れやすくなっていると思い込んでしまうので、緑内障とは気づけないのですね。

 

しかし緑内障の場合は疲れ目と違うので、目薬を使ったり目を休めたりしても症状が改善されません。

 

2週間以上症状が続いたり、目薬を使っても一向に改善されない場合は早めに病院に行って検査をしてもらうことをおすすめします。

 

検査をすればすぐに緑内障であるかどうかがわかりますので、早いほど対処も早くできます。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障とは?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。