緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



レスキュラ

 

レスキュラは緑内障治療に使用する点眼薬の一種です。

 

目の中には房水という液体が流れていますが、色々なことが原因でこの房水の流れにトラブルが起きると眼圧を高くしてしまいます。

 

眼圧が高い状態が続くと、視神経に大きなダメージを与え続けることになるので、徐々に視野が狭くなって行きます。

 

これが緑内障という病気です。

 

一度失った視野は二度と元に戻りませんし、進行していくのでやがて失明に至ります。

 

そのため眼圧が高くなっている場合は、一刻も早く眼圧を下げることが重要です。

 

レスキュラは房水の流れを促進させる作用があるので、眼圧を下げる効果が期待できます。

 

眼圧を下げる点眼薬の中では高い効果が確認されています。

 

緑内障治療に使用する点眼薬にも種類がありますが、レスキュラはプロストン系に属するので刺激も少なく優しく作用します。

 

しかし点眼薬も薬である以上、副作用のリスクはあります。

 

レスキュラにも副作用はありますが、軽度なためそれほど重篤なものではありません。

 

レスキュラは1回1滴/1日2回を目安にしていますが、医師の指示に従いましょう。

 

副作用として確認されているのは、目の充血が多いようです。

 

しかし副作用にも個人差があるので、刺激やかゆみ、痛みやまぶたの腫れなどの症状が出た場合はすぐ医師に相談しましょう。

 

一時的な症状もありますが、時間が経過しても治まらない場合は注意が必要です。

 

またコンタクトレンズを使用している人は、点眼薬を使ったあとすぐにコンタクトレンズを装着せず、少し時間をおいてからにしましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

レスキュラ

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。