緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障になりやすい人はいますか?

 

緑内障は視神経がダメージを受け、視野を狭くしてしまう病気です。

 

視神経にダメージを与える原因には大きく分けて2種類あります。

 

一つは高眼圧で、もう一つは血流障害などです。

 

一般的には40歳以降から年齢を重ねるごとにリスクは高くなると言われています。

 

しかし中には若年性緑内障や、急性緑内障もあるので年齢に関係なく注意は必要です。

 

緑内障になりやすい人については、年齢以外では親族に緑内障の人がいればその分リスクも高くなります。

 

眼圧が正常でも血流障害などで、視神経にダメージを与えることもあるので、高血圧、低血圧、貧血、冷え性など血流に問題がある人も注意が必要です。

 

通常はゆっくりと進行していきますが、急性緑内障の場合は早急に適切な処置を受けないと数日で失明してしまうこともあります。

 

緑内障は症状が出るのがどちらか片方の目であることが多いので、両目でものを見ていると視野の変化に気付かないまま過ごしてしまいます。

 

40歳以降にはリスクも年々高まっていくので、毎年1回の定期検診を習慣にしておくと安心です。

 

また、インターネットでは無料で試せる緑内障のセルフチェックなどもあるので試してみるのもいいですね。

 

緑内障は治療も可能ですが、進行を食い止めるという対処療法しかありません。

 

しかし放置しておけば確実に失明するので治療も重要です。

 

緑内障は検査をすればすぐにわかります。

 

緑内障により一度失われた視野は二度と元に戻りません。

 

このためにも一刻も早い治療が大切です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障になりやすい人はいますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。