緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障は難病ですか?

 

世の中には難病と呼ばれる病気がいくつかあります。

 

医学の進歩は目覚しいものがありますが、進歩している現在の医学でもはっきりと原因が解明されていないので、治療法が確立できないものもあります。

 

難病だと治療は出来ても完治することは難しくなります。

 

こういう意味で考えると、緑内障も難病といっていいと思います。

 

緑内障は視神経にダメージを受けることで、徐々に視野が狭くなっていく目の病気です。

 

症状がどちらか片方の目に出るので、両目でモノを見ているとなかなか気づきません。

 

緑内障の原因にもいくつか種類があるので、眼圧が高い人だけとは限りません。

 

実際に日本人の多くが正常眼圧なのに緑内障を発症しています。

 

そのため検査方法も眼圧を測るだけではなく、様々な検査方法を試します。

 

治療を行うことはできますが、現段階では進行を食い止めることしかできません。

 

しかし緑内障はゆっくりと進行していく病気なので、対処療法で進行を食い止めるのはとても重要です。

 

一般的には点眼薬や内服薬といった薬物療法から始め、レーザー治療、手術と効果を見ながら治療法を変えていきます。

 

ただし急性緑内障の場合には数日で失明に至る場合もあるので、即手術を選ぶこともあります。

 

進行を食い止めることも重要ですが、一度失われた視野は二度と元には戻せないので治療は早いほどダメージも失う視野も少なく済みます。

 

緑内障は難病でもありますが、リスクが高い人は生活習慣や食生活を見直すことで予防も可能です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障は難病ですか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。