緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障は子供でもなりますか?

 

緑内障というと高齢者の病気というイメージが強いでしょう。

 

確かに高齢者になるほど緑内障のリスクは高くなっていきます。

 

特に注意すべきは40歳以降からだと言われています。

 

しかし注意すべきなのは大人だけとは限りません。

 

子供でも緑内障のリスクはゼロではないのです。

 

若年性緑内障というのもあります。

 

若年性緑内障の場合だと、そのほとんどが1歳までに発症すると言われています。

 

当然のように大人でも自覚症状がないので、子供の場合は注意が必要です。

 

若年性緑内障の原因のほとんどが先天性のものですが、中には後天性のものもあります。

 

大人と違って子供の緑内障は手術を選択します。

 

しかし成長段階のため、1回の手術では解決しないことも多いので、何度か手術を繰り替えることになります。

 

症状や対処法も大人とは違いますが、視野が狭くなり進行すれば失明に至るというのは同じです。

 

子供の場合は眼圧が高くなるとか、視野が狭くなるという状況が理解できないので、親がサポートすることが重要だと言われています。

 

赤ちゃんの時に一通り目の検査をしますので、眼圧が高めの場合はその後も注意して経過を見守ることが大切です。

 

中には1歳以降に若年性緑内障を発症するケースもあるので、リスクがある場合は子供のうちから緑内障の検査を習慣にしておくなど工夫も必要です。

 

また大人同様に眼圧が正常でも緑内障を発症する子供もいるので、これも同じように注意が必要です。

 

子供のうちに緑内障になると、その後長期間に渡り治療を続けることになりますので親のサポートは欠かせません。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障は子供でもなりますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。