緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障で炎症したり目が痛くなることはありますか?

 

緑内障は症状が出ていても片方の目であることから、両方の目で物を見ていると視野の欠損があってもそれに気づきにくいため発見が遅れることが多い病気です。

 

原因は高眼圧や血流障害などですが、この場合痛みなどの症状がないのも気づきにくい理由となります。

 

そのため視野が欠けていることに気づいた時には、かなり症状も進行した状態となります。

 

緑内障の原因になる高眼圧や血流障害は、視神経にダメージを与えてしまいます。

 

初期の段階では特に自覚症状もありませんが、長い時間視神経にダメージを与え続けると、視野を失うだけでなく痛みや炎症といった新たな症状も出てきます。

 

もちろん個人差もあるので、感じ方は人それぞれです。

 

炎症や痛みを感じることもありますし、違和感、異物感、頭痛や吐き気など、一見緑内障とは結びつかない症状が出ることもあります。

 

こればかりは検査をしないことには確認できません。

 

緑内障のリスクが高まるのは、40歳以降だと言われています。

 

緑内障は高齢者の病気というイメージが強いのですが、中年からすでにそのリスクがあるので注意しておきたい病気の一つです。

 

緑内障は進行していく病気なので、適切な処置をしなければやがて失明に至ることもあります。

 

実際に症状に気づかず長期間放置していたため、失明してから気づく人もいますし、失明寸前のほとんど視野が失われた状態で初めて気づく人もいます。

 

一度失われた視野は二度と元には戻らないので、定期的な検査を受けることも大切です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障で炎症したり目が痛くなることはありますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。