緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障を予防するにはどうすればいいですか?

 

緑内障の原因は視神経にダメージを与えることです。

 

原因にもいくつかの種類があるので、予防を考えているなら幅広い対策も必要です。

 

まずリスクが高まるのが40歳を過ぎてからということもあるので、40歳前後になったら1年に1回でもいいので目の健康診断を習慣にしておくといいでしょう。

 

体の健康診断をするついでに目も健康であるか確認するのはとても意味があり大切なことです。

 

年齢を重ねるにつれて緑内障のリスクも高くなっていくので、覚えておきましょう。

 

視神経にダメージを与えるのは、房水のトラブル、血流障害、紫外線などです。

 

紫外線は目に見えないものですが、1年中降り注いでいます。

 

特に初夏〜秋にかけては、紫外線も強くなる時期なのでサングラスなどを活用するのもいい方法です。

 

レンズにUVカット効果のあるものを選ぶとなおいいですね。

 

紫外線も気づかないうちに視神経にダメージを与える原因になるので、外出することが多い人や外回りの仕事の場合は紫外線が強い時期だけサングラスを使うといいでしょう。

 

サングラスに抵抗がある人は、メガネのレンズにUVカット効果をつけておくと安心です。

 

緑内障はほとんど自覚症状がないので、なかなか気づくことができません。

 

さらに視神経にダメージを与えると視野が欠けていきます。

 

一度失った視野は二度と元には戻せないので、早期発見も重要です。

 

目の検査をすれば自分で自覚症状がなくても発見できますので、定期的に目の検査を習慣にしましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障を予防するにはどうすればいいですか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。