緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の患者数はどのくらいいますか?

 

緑内障の患者数については、日本国内だけでも350万人ほどだとされています。

 

ですが、中には緑内障であることに気づかないまま生活している人もいるので、実際の数はそれ以上だと言われています。

 

急性緑内障を除いては比較的症状はゆっくりと進行していくので、患者自身が視野の欠損に気づきにくいのも厄介なところです。

 

あくまでも統計ですが、40歳を過ぎると20人に1人が緑内障にかかっている可能性があると言われています。

 

緑内障のリスクは年齢とともに高くなっていくので、高齢になるほどリスクは高くなっていくと覚えておきましょう。

 

緑内障は進行していく病気なので、徐々に視野が狭くなりやがて失明することもあります。

 

残念ながら現段階では失った視野は元に戻すことができません。

 

しかし進行を食い止めることは可能です。

 

絶対に緑内障になるというものではありませんが、100%ならないという保証もありません。

 

誰にでも緑内障になるリスクはあるので、予防が大切です。

 

緑内障は検査をすればすぐにわかる病気です。

 

リスクが高まる40歳を過ぎたら、年に1回は目の検査をするのが一番です。

 

もしもまだ緑内障になっていないけど、眼圧が高かったり、血流に障害があるとわかればそれを改善することで緑内障を予防できます。

 

もしも緑内障になっていても、治療を開始するのが早いほどダメージも少なく済みます。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の患者数はどのくらいいますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。