緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障は完治する病気ですか?

 

結論から言うと、緑内障を完治させるのは現段階では不可能とされています。

 

緑内障というと失明してしまう病気という怖いイメージがあります。

 

確かに何もせず放置しておけば失明に至ります。

 

視神経にダメージを与えると視野が欠けたり狭くなっていきます。

 

緑内障はどちらか片方の目に症状が出ることが多いので、両目で物を見ているとそれに気づきにくくなります。

 

このため緑内障になっていても自覚症状がないので、気づいた時にはかなり症状が進行している状態です。

 

中にはほとんど視野がかけてしまい、見えていてもごく一部しか残っていないというケースも珍しくありません。

 

一度失った視野は二度と元には戻せません。

 

手術をすることも可能ですが、あくまでも対処療法にしか過ぎません。

 

一度手術をしても再発する可能性も高いので、治療はとても長く大変なものになります。

 

しかし点眼薬やレーザー治療などでも、症状の進行を抑えることは可能です。

 

症状などにより治療法も変わります。

 

比較的軽い場合や発見が早い人は、点眼薬などでも十分対応できます。

 

しかし症状が進行するほど、治療方法も複雑になり薬や治療法を併用することもあります。

 

一般的には40歳を過ぎたら緑内障のリスクが高まると言われています。

 

私は大丈夫という保証はどこにもありませんし、誰でもなる可能性があるので早期発見+早期治療の大切さを理解しておきたいですね。

 

1年に1回でいいので、目も健康診断を習慣にするのがおすすめです。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障は完治する病気ですか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。