緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の男女比

 

緑内障は40歳以降にかかるリスクが高まる目の病気です。

 

初期から症状は出ているのですが、なかなか気づくことができないので見逃しやすい病気としても知られています。

 

緑内障というのは視野が狭くなっていくという特徴的な症状がありますが、気づいた時にはかなり進行していることも珍しくなく、中には失明してしまう人もいます。

 

緑内障というと高齢者の病気というイメージもありますが、40歳以降の中年期からリスクが高まるので注意しておくのも大切なことです。

 

緑内障の男女比を比べたとき、男性よりも女性の方が多いという結果も出ています。

 

あくまでも統計であり、女性の方が多い傾向があるということなので、男性だからといって油断はできません。

 

緑内障の原因もいくつかありますが、遺伝もその一つです。

 

もしも血縁者に緑内障の人がいたら、リスクは高まるので40歳を過ぎたら緑内障の検査を受けたほうがいいかもしれません。

 

特に思い当たることがない場合も、定期的な目の検査を習慣にしておけばもしも緑内障になっていると分かっても早めに治療を開始できます。

 

緑内障は治療が可能ですし、治療開始が早いほど症状が進行するのを食い止めることもできます。

 

手術も可能ですが、かなり進行している場合は手術をしても効果を得られないこともありますし、そのまま放置しておくと失明のリスクも高まるので早め早めの対処が大切です。

 

40歳を過ぎたら1年に1回の目の検査を習慣にしておくといいでしょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の男女比

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。