緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の主な危険因子は何ですか?

 

緑内障は40歳以降にリスクが高まると言われている目の病気です。

 

年齢とともにそのリスクは高まっていきますので、注意が必要です。

 

緑内障の原因にもいくつかあるので、対策も一つとは限りません。

 

治療も可能ですが、完治ができず対処療法しか方法がありません。

 

しかし進行を食い止めることができれば、失明という最悪の状態も回避できます。

 

緑内障の危険因子となるのは、眼圧、血流、紫外線などが挙げられます。

 

他にも視神経にダメージを与えるような衝撃なども注意しておきたいですね。

 

遺伝も緑内障の危険因子の一つなので、親族に緑内障の人がいる場合は年齢に関係なく、定期的に目の検査をするといいと言われています。

 

他にも糖尿病、偏頭痛、アルコールを毎日のように飲む人、タバコ、重度の近視、人工透析による眼圧上昇など実に様々です。

 

また白内障が悪化した時に、緑内障の危険因子につながることも確認されています。

 

他の病気が危険因子の場合は、病気の治療をすることでリスクは回避できます。

 

生活習慣も危険因子の一つになるので、40歳を過ぎたら生活習慣の見直しも必要ですね。

 

それに加えて食生活の見直しもプラスしてみましょう。

 

何らかの原因で眼圧が高くなる場合は、眼圧を下げる原因を確認し対処をした後、点眼薬で眼圧を下げることもできます。

 

緑内障は現段階では完治できない病気ですが、進行を食い止めることはできます。

 

治療も重要ですが、危険因子を可能な限り排除し予防を意識することも大切です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の主な危険因子は何ですか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。