緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と白内障の違いは何ですか?

 

目の病気にもいくつかありますが、緑内障と白内障をよく似た病気と勘違いしている人も多いようですね。

 

しかし同じ目の病気であることを除けば、2つの病気は全く違うものです。

 

白内障は目の水晶体が白く濁ったように見えるので、外見からもすぐにわかります。

 

症状も視力が低下する、光を今まで以上に眩しく感じる、目の前に霧のようなものがありぼやける、ものが二重や三重に見えるなど自覚症状があるのが特徴です。

 

白内障は高齢者の病気としても知られていますが、手術をすることで治療は可能です。

 

緑内障に関しては、視神経にダメージを与える原因が発生した時、視野が欠けるという症状が出ます。

 

しかしどちらか片方の目だけに症状が出ることが多いため、両目で物を見ていると片目の視野の欠損に気づくことができません。

 

緑内障は進行していく病気なので、視野はさらに欠けていきます。

 

初期でも目の検査をすれば緑内障だとわかるのですが、ほとんど自覚症状がないので気づかないまま過ごす人が多いのが現状です。

 

視野の欠損に気づくのが中期以降なので、この状態ではかなり視野も欠けています。

 

緑内障の治療は完治ができず、進行を食い止めるという対処療法しかありません。

 

手術という方法もありますが、再発することもあるので1回手術をすればそれで治療は終ではありません。

 

術後には一旦眼圧も下がりますが、再発の可能性が高い場合は点眼薬の治療を続けるので長い期間の治療になります。

 

このように緑内障と白内障は、全く違う病気なのです。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と白内障の違いは何ですか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。