緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障とバセドウ病の違いは何ですか?

 

バセドウ病というのは甲状腺ホルモンのバランスが乱れ、自らの甲状腺を攻撃してしまう病気です。

 

症状には個人差もありますが、目が飛び出たように見えることから目の病気と思うこともあります。

 

症状は実に様々で、疲れやすい、イライラや息切れ、異常な発汗、食欲が増加するのに痩せていく、感情をコントロールできなくなる、生理不順、集中力の低下など色々です。

 

原因は主にストレスなどの後発性もありますが、遺伝的要因も確認されています。

 

若い女性に多いのが特徴です。

 

ホルモンバランスに異常が見られる場合は、ホルモンをコントロールします。

 

一方緑内障の場合は、自覚症状がほとんどないので初期には気づかないことが多くなります。

 

中期以降にやっと視野の欠損に気づくこともありますが、個人差があるので中には失明寸前でやっと異常に気づく人もいます。

 

治療をしても症状が進行しないようにする対処療法しかありません。

 

完治ができないのは、緑内障の怖いところでもあります。

 

眼圧が高くなることで視神経にダメージを与えることが原因の一つですが、眼圧が高くなると目に違和感を覚えることもあるので、少しでもおかしいと感じた時はすぐに眼科で検査を受けることも大切です。

 

緑内障は40歳以降からリスクが高まるので、中年になったら年に1回の目の検査を習慣づけるといいと言われています。

 

失った視野は二度と元には戻せませんが、それ以上症状を進行させないよう早めに治療を開始することが重要です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障とバセドウ病の違いは何ですか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。