緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障が人にうつることはありますか?

 

緑内障は空気感染や接触感染をすることはありません。

 

そのため、緑内障が人にうつることはありませんので安心して下さい。

 

ただし先天性の要因もあると言われているので、親族に緑内障の人がいる場合は遺伝する可能性は否定できません。

 

リスクは高くなりますが、眼圧を常に計るとか、血流障害を起こさないように注意していれば緑内障を予防することは可能です。

 

一般的には40歳以降に徐々にリスクが高まって行くと言われていますが、初期症状にほとんど気づくことがないので発見が遅れがちです。

 

進行する病気なので、何もせずに放置していれば視野は徐々に狭くなりやがて失明してしまいます。

 

リスクが高くてもそれがわかっていれば、予防しようという意識も高まるので緑内障予防には効果的かもしれません。

 

タバコ、飲酒、ストレス、生活習慣病なども緑内障の危険因子になるので、生活習慣や食生活も日頃から意識しておくのが理想です。

 

また誰でもかかる可能性はあるので、リスクが高まる年齢になったら1年に1回の定期検診を習慣づけておくといいと言われています。

 

人間ドッグを定期的に受けるように、目の検査も緑内障予防だけに限らず他の病気の予防にもつながるので習慣づけておきましょう。

 

仮に緑内障になったとしても、早期に治療を開始できれば失う視野も少なく済みますし、症状の進行を食い止めることもできます。

 

緑内障は適切な処置を怠ると失明に至る怖い病気です。

 

自分は大丈夫という保証はどこにもないので、定期的な検査も予防法につながります。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障が人にうつることはありますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。