緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の人がタバコを吸っても大丈夫ですか?

 

緑内障の人は眼圧を高くしたり、血流障害を起こさないようにすることも大切です。

 

緑内障の危険因子もいくつかありますが、タバコもその一つです。

 

タバコを吸う人と吸わない人では、吸う人の方が緑内障の発症率が2倍あることも確認されています。

 

もちろん緑内障を発症した後も、タバコは血管を収縮させるので血流障害の原因につながります。

 

血管が収縮すると血液の流れにも影響を及ぼすので、目に血液が行き届かなくなります。

 

まさに百害あって一利なしですね。

 

特に血流に問題がない人も、タバコを吸うことで体内に多くの活性酸素が発生します。

 

活性酸素は美容にも大敵ですが、目にも多大なる影響を与えます。

 

房水の流れを妨げると眼圧を高くする原因になるので、高眼圧症や緑内障を引き起こすきっかけを作ってしまいます。

 

緑内障は進行していく病気ですが、症状が出ていてもなかなか気づきにくいものです。

 

緑内障は視野が徐々に狭くなりやがて失明に至る怖い病気です。

 

タバコを吸うことで緑内障の危険なリスクを高め、さらには健康に悪影響を及ぼします。

 

タバコを吸っている人はもちろんですが、それ以上に周囲の人には副流煙といってもっと悪影響を与えてしまいます。

 

できれば禁煙するのが一番です。

 

もちろん緑内障と診断されたら、禁煙するように勧められます。

 

喫煙しているとせっかく治療をしてもその効果を消してしまうことになるので、自ら失明のリスクを高めていることになります。

 

煙草を吸うか吸わないかは本人次第ですが、緑内障の予防を心がけるなら今すぐ禁煙するのが一番です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の人がタバコを吸っても大丈夫ですか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。