緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の人がお酒を飲んでも大丈夫ですか?

 

緑内障の治療中の人はもちろんですが、緑内障予防にも生活習慣や食生活の見直しをするのはとても重要なことです。

 

この中にはアルコールも含まれます。

 

アルコールも適量なら血行を促進する作用があるので、良いとも言われています。

 

しかし飲みすぎや度数の高いお酒を毎日のように飲む人は注意が必要です。

 

というのもアルコールの摂り過ぎは、眼圧を高くしてしまうことがあるからです。

 

例えば1日にグラス1杯のワインを飲むなど、少量なら毎日飲んでも差し支えありません。

 

しかし大量にお酒を飲む人や、グラス1杯でも度数の強いお酒を飲む場合は話は変わってきます。

 

緑内障の人は治療をするにあたり医師からいくつかの生活上の注意点なども指導されます。

 

その中にお酒の飲み過ぎは控えるようにというのもあるので、お酒が好きな人でも緑内障の症状を悪化させるような飲み方は控えましょう。

 

飲んでいい範囲でもそれを一気飲みするのではなく、ゆっくりと何かをつまみながら飲むといいでしょう。

 

可能であればお酒を完全に断つのもいい方法ですが、かえってストレスがたまったりイライラの原因になるような場合は、少量なら飲んでもいいと言われています。

 

ある程度自分でお酒の量をコントロールできればいいのですが、コントロールできない場合は家にお酒を置かないようにするのもいい方法です。

 

アルコールは摂り過ぎても緑内障のリスクを高めますし、治療中の人も量や度数、飲み方には十分注意しましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の人がお酒を飲んでも大丈夫ですか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。