緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の人が車を運転しても大丈夫ですか?

 

緑内障というのは視神経にダメージを与える原因があることで、視野が狭くなっていく病気です。

 

急性緑内障を除いては、比較的症状がゆっくりと進行していくので気づかないまま生活している人も多いといいます。

 

発見が早ければそれだけ失う視野も少なく済みますし、症状の進行を食い止めることができるので失明という最悪の状態も回避できます。

 

しかし気づいた時にはかなり多くの視野を失っている人も多いので、症状の進行具合によっては日常生活にも支障が出てきます。

 

視野が狭くなるのは大抵の場合、どちらか片方の目です。

 

両目で物を見ているとあまり気づかないのですが、片目で見ると見えない部分が死角となります。

 

死角は車の運転をする時に事故の原因になることも多いので、緑内障の症状によっては事故を起こす確率が高い場合は車の運転はしない方がいいでしょう。

 

実際に重度でかなり症状が進行し、多くの視野を失っている人は車の運転中に事故を起こしているという統計も出ています。

 

その割合は4人に1人とかなり高くなっているので、重度の緑内障の場合は車の運転はしないほうが安心ですね。

 

仕事で車が必要な場合は、一度担当医に相談してみるといいかもしれません。

 

緑内障の人が全員車の運転を禁止されているわけではありません。

 

軽度の場合はそれほど多くの視野を失っていないので、車の運転にも支障はないと判断されることが多いようです。

 

しかし軽度の場合でも自分の運転に自信がない場合は、やめておいたほうがいいかもしれません。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の人が車を運転しても大丈夫ですか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。