緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の目薬を使う時の注意点はありますか?

 

緑内障の治療には目薬を使います。

 

使用する目薬は原因や症状によっても変わります。

 

緑内障の治療に使用する目薬は、いくつか種類があります。

 

1種類を使って効果が思うように出ていない場合は、他の種類を併用するなど使い方も人によって違います。

 

目薬を使う時には医師から指示された通りに使います。

 

目薬の種類によって使う回数や量も違うので、併用する場合は回数や量にも注意しましょう。

 

例えば1種類の目薬を使う場合は、1日何回・1回何滴というように指示があるのでこれに従います。

 

多く使用すればそれだけ効果がアップするというわけでないので、使用量はしっかりと守りましょう。

 

種類の異なる目薬を使用する場合には、例えば1日1回/1回2滴のものと、1日2回/1回1滴のものがあったとします。

 

使う時に2種類以上を使う場合は、1種類を使ったらしばらく時間を空けて次の目薬を使うようにしましょう。

 

一度に付けた時、目から溢れ出てしまっては目薬の効果を十分に実感できなくなるからです。

 

どんなに目の大きい人でも、1度に使う量には限界があるので、目から溢れないよう注意しましょう。

 

また治療のために使う目薬の中にも、副作用が出る場合があります。

 

種類にもよりますが、点眼後一時的に視界がぼやけるものもあります。

 

これは一時的な症状なので、時間が経てば徐々に治まってきますが、使用直後は機械の操作や車の運転を控えるよう注意された場合もこれに従いましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の目薬を使う時の注意点はありますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。