緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の目薬に副作用はありますか?

 

緑内障の治療に使う目薬も薬ですから、多少の副作用はあります。

 

これは種類によっても成分が違うので、副作用にも色々な症状があります。

 

また使う人の体質によっても副作用は変わってきます。

 

種類によってかなり違いもありますが、多くの場合は目のかすみ、充血、違和感や異物感、ぼやける、頭痛、吐き気などです。

 

ごく軽い症状の場合もあれば、かなり重い症状が出ることもあります。

 

また目薬の種類によっては、使用後に一時的に視界がぼやけはっきり見えなくなるという副作用が出るものもあります。

 

この場合は使用にあたり医師や薬剤師から注意点などを説明されるので、注意点をしっかり聞くことも大切です。

 

この場合は副作用が出ても一時的なものなので、時間が経てば徐々に症状も治まってきます。

 

ただしはっきりと見えない場合は車の運転、機械の操作などはできないので、仕事で機械を扱ったり車の運転をする場合は十分注意しましょう。

 

緑内障の治療に目薬を使う場合、1種類だけの場合もあれば、異なる種類を併用することもあります。

 

この場合連続して使うとお互いの効果を邪魔してしまったり、思わぬ副作用が出ることもあるので、注意しておきたいですね。

 

目薬を併用する場合は、1種類を使ったらしばらく時間を空けて次の目薬を使うなど時間差をつけます。

 

目薬の使い方にも工夫が必要な場合は、薬袋や説明書きにも書いてあるので、注意深く読み指示をしっかりと守って使いましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の目薬に副作用はありますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。