緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の手術が失敗することはありますか?

 

緑内障の治療には目薬以外にレーザー治療や手術という選択肢もあります。

 

緑内障の場合は完治ができないため、対処療法しかありません。

 

しかし進行していく病気なので、症状の進行を食い止めることはとても重要です。

 

これを怠ったり治療が遅れれば最悪失明することになるので、治療の重要さを理解しましょう。

 

手術というと最終的な手段のイメージがありますよね?

 

しかし緑内障の場合は手術をしても1回で全て完治するものではなく、眼圧を上げる原因を排除する目的で行います。

 

手術自体は失敗することはほとんどありませんが、一旦手術で症状が治まって眼圧が安定しても点眼薬などで眼圧が上がらないよう治療は続けなければいけません。

 

個人差もありますが、手術で眼圧を上げる原因を排除しても、術後に切開したところが癒着すると再び眼圧を高くしてしまうため再手術の必要性が出てきます。

 

これも個人差が大きいのですが、人によっては数年ごとに手術をするというケースもあります。

 

現段階では緑内障を完治させることができないため、進行を食い止めることしかできません。

 

一度失われた視野は二度と元には戻せないので、多くの視野を失わないためにも早期の治療はとても重要です。

 

手術が100%のものではなくても、それしか選択肢がない場合は手術で視神経へのダメージを与えないようにするのも必要です。

 

緑内障の手術方法も原因や状態によっていくつかの方法がありますし、新しい手術方法なども確立されてきています。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の手術が失敗することはありますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。