緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の再生医療

 

緑内障というのは何らかの原因で、視野が狭くなりそれが時間とともにどんどん広がりやがて失明してしまうという目の病気です。

 

緑内障は初期の段階から症状は出ているのですが、その多くが片目であることから、もう片方の目が見えない方をカバーするため自覚症状がないところが厄介です。

 

そのため多くの人がかなり症状が進行してから、視野の異常に気づき検査を受けたら緑内障だったと発覚するのです。

 

緑内障は治療が可能ですが、現段階では完治ではなくそれ以上視野が狭くならないよう症状を食い止めることしかできません。

 

一度失われた視野は二度も元に戻すことができないので、早期発見と早期治療がとても大切です。

 

しかし現在緑内障の再生医療の研究が進められています。

 

マウスの実験ではiPS細胞を使う方法で、失われた視野を回復させることが理論上可能とされています。

 

ただマウスの実験の段階なので、まだ実現にはいたっていません。

 

研究は日々進められているので、人の細胞組織などの研究までは進んでいると言われてます。

 

まだ時間はかかりますが現在では不可能な緑内障の再生医療も近い将来可能になると期待されています。

 

とはいえなかなか気づかないまま過ごす人も多いので、定期的な緑内障の検査を習慣にしておくことも大切です。

 

緑内障の検査はそれほど時間がかかりませんし、検査をすればすぐにわかるので安心です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の再生医療

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。