緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障に抗がん剤は効果ありますか?

 

緑内障の治療は点眼薬などの薬物療法、レーザー治療、手術といういくつかの選択肢があります。

 

しかし最近になって、抗がん剤が緑内障の治療に効果があることが確認されています。

 

緑内障はガンでありませんので、通常のがん治療に抗がん剤を使用するのとは少し違った目的で使用します。

 

緑内障の治療に抗がん剤を使うのは、手術の時です。

 

眼圧を高くしている原因が房水の流れに関係している場合は、流れをスムーズにすることで眼圧を下げることができます。

 

この場合の手術方法にもいくつかの方法がありますが、穴を開けたり他の部分に房水の通り道(バイパス)を作る場合には切開が必要です。

 

こうすることで房水の流れもスムーズになり、眼圧も下がり症状が進行するのを食い止めることができますが、緑内障の手術で切開をする場合一つ問題があります。

 

切開したところの傷が回復していく段階で、癒着してしまうという問題です。

 

癒着を起こすことでせっかく開通した房水の通り道が塞がれてしまうので、再び眼圧を上げ視神経にダメージを与えてしまうのです。

 

ここで注目されたのが抗がん剤です。

 

抗がん剤はがん細胞の増殖を抑えるために使用します。

 

この細胞の増殖を抑える作用を利用することで、切開した部分の癒着を防ぐことができるのです。

 

緑内障の治療に抗がん剤を使用する場合は、ごく少量なので副作用などもほとんどなく傷の癒着を防ぐことができると注目されています。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障に抗がん剤は効果ありますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。