緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



アントシアニンは緑内障の改善に効果ありますか?

 

アントシアニンは緑内障の改善に効果あることが確認されています。

 

アントシアニンはブルーベリーやビルベリーといったベリー系の果物に含まれている成分です。

 

目に良いサプリメントとしても有名な成分です。

 

アントシアニンはポリフェノールの一種なので、高い抗酸化作用があります。

 

緑内障の原因となる高眼圧や血流障害は、ストレスなども大きく関係しています。

 

ストレスを感じた時、体の中では活性酸素が多く発生します。

 

この活性酸素は細胞や神経にダメージを与えるので、これが結果的に視神経へのダメージとなり、緑内障を発症したり症状を進行させてしまうのです。

 

ある実験でアントシアニンが、細胞の酸化ストレスに対し高い保護効果を発揮したことが確認されています。

 

このことからアントシアニンという成分は、緑内障予防にも効果があるとして注目されています。

 

またアントシアニンには、目の疲労を回復する作用も確認されているので、パソコンや携帯をよく使う人にもオススメです。

 

目を酷使することも結果的に視神経には大きなダメージを与えてしまいます。

 

また紫外線も目に負担をかける要因の一つです。

 

紫外線によるダメージは奥まで届きやすいので、緑内障にも大きく関係してきます。

 

アントシアニンには紫外線から目を守る作用も確認されているので、目にとってはとてもいい成分なのです。

 

ブルーベリーやビルベリーは紫色をした果物です。

 

他にもカシスや紫キャベツ、紫芋など紫色をした野菜や果物にもアントシアニンが豊富に含まれています。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

アントシアニンは緑内障の改善に効果ありますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。