緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



蒸しタオルは緑内障の改善に効果ありますか?

 

目が疲れたと感じた時、蒸しタオルパックをするととっても気持ちよく感じますよね。

 

疲れ目には冷やすのが効果的のように思えますが、温めたほうがいい場合もあります。

 

蒸しタオルパックは疲れ目だけでなく、ドライアイを改善する作用も確認されています。

 

目を酷使することで視神経にもダメージが蓄積されてしまいます。

 

緑内障の原因は視神経がダメージを受けることで、徐々に視野が狭くなって行くというものです。

 

眼精疲労も緑内障の要因なので、蒸しタオルパックで疲れを癒すのは効果があるとされています。

 

疲れた目を温めることで、自律神経に働きかけ血行促進などにつながります。

 

緑内障というと眼圧が高くなることが原因と思われがちですが、正常眼圧でも緑内障になることがあります。

 

この場合の原因は、主に血流障害です。

 

自律神経が安定し血行が促進されれば、血流障害も改善されますので視神経にも新鮮な血が行き届きます。

 

蒸しタオルパックの方法はとても簡単です。

 

50度前後の温度が理想ですが、素手で絞るとやけどをすることもあるので水で濡らして軽く絞ったタオルを電子レンジで温めれば簡単に蒸しタオルを作ることができます。

 

目をつむり蒸しタオルを目に当てて5分ほどじっとしていると、じんわり温まり疲れが取れすっきりします。

 

タオルを使わずにチャック付きのビニール袋にお湯を入れタオルでくるんだものを使う方法もあります。

 

お湯の温度を調節すれば少し熱めやぬるめも可能なので意外と便利です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

蒸しタオルは緑内障の改善に効果ありますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。