緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の第一選択薬

 

緑内障は自覚症状がないため、発見が遅れることも多くわかったときにはかなり症状が進行している状態であることも珍しくありません。

 

緑内障というのは視野が狭くなる病気ですが、一度失われた視野は現在の医学では元に戻すことができません。

 

そのため早期発見&早期治療はとても重要です。

 

失われた視野を取り戻すことはできませんが、緑内障とわかった時点でそれ以上症状が進行しないように食い止めることは可能です。

 

治療方法には薬物療法、レーザー治療、手術という選択肢があります。

 

多くは薬物治療を選択しますが、治療にはプロスタグランジン関連薬が緑内障の第一選択薬として選ばれています。

 

薬物治療には内服薬と点眼薬など種類もありますが、眼圧が高いことが緑内障の原因となることから眼圧を下げる薬が使われています。

 

以前は眼圧を下げるための点眼薬は、目にしみるものが多かったのですが、少しでも患者さんの負担を減らすという目的で、新しくしみない目薬なども開発されています。

 

現在プロスタグランジン関連薬の点眼薬としては、レスキュラとキサラタンが使用されています。

 

キサラタンの方が新しく使い心地もいいことから、こちらが現在の主流となっています。

 

眼圧を下げる効果が高いので、緑内障の第一選択薬としても有名です。

 

ただしまつげや目の色が濃くなったり、組みわせによって角膜を傷つけてしまうこともあるので使用には十分注意が必要です。

 

点眼薬を使う時は医師の指示を守ることも大切です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の第一選択薬

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。