緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の人でもレーシック手術を受けれますか?

 

レーシック手術というのは、視力回復効果が高いことから視力低下に悩む人にとって画期的な治療法として注目されています。

 

一時期粗悪な対応でレーシック手術は危険だというイメージもありましたが、現在では技術も向上していますし、事件をきっかけに対応も慎重になってきています。

 

しかしレーシック手術を受けるにはいくつか条件もあるので、全ての人が受けられるというものではありません。

 

緑内障の場合は、基本的にレーシック手術は受けることができません。

 

というのも緑内障というのは、視力が低下するのではなく、視神経へのダメージが原因で視野が狭くなっていく病気だからです。

 

視力が低下して見えにくくなるのとは少し違うので、緑内障の人はレーシック手術ができません。

 

また緑内障で失われた視野は現段階の医学では、元に戻すことができないと言われています。

 

緑内障の原因にもいくつか種類がありますが、眼圧を高くすることで視神経にダメージを与えるのも原因の一つです。

 

レーシック手術をする時には、眼圧を高くしてしまうこともあるので、緑内障の人が手術を受けるとかえって状態が悪化してしまうことがあります。

 

このため緑内障の人はレーシック手術をしないというのが決まりになっているようです。

 

今はレーシック手術の方法にも新しい方法が確立されているので、眼圧を高くしない方法なら可能というところもあります。

 

しかしクリニックによって違いがあるので、直接問い合わせるのが一番です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の人でもレーシック手術を受けれますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。