緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の人でもコンタクトレンズの使用は出来ますか?

 

緑内障は40歳以降にリスクが高まると言われていますが、それ以前にもっと若いうちに緑内障になる人もいます。

 

個人差もあるので一概には言えませんが、ある程度の年齢になったら誰にでも緑内障のリスクがあるということは覚えておきましょう。

 

視力というのは緑内障に関係なくこれも個人差があります。

 

緑内障というのは視力が低下するものではなく、視野が狭くなっていく病気です。

 

しかし中には緑内障でありながら、視力が低いのでメガネやコンタクトレンズが必要になる人もいます。

 

この時メガネはいいとしても、コンタクトレンズは目に負担をかけるので良くないのでは?と考えてしまいますよね。

 

しかしコンタクトレンズが目に負担をかけることはないので、正しく使用していれば緑内障の人でもコンタクトレンズの使用は可能です。

 

コンタクトレンズを初めて購入する場合は、メガネと同じように眼科で検査を受け処方箋をもらいます。

 

それがないとコンタクトレンズを購入することはできません。

 

2回目以降には通販で処方箋なしでもコンタクトレンズを購入できますが、緑内障の場合は定期的に眼圧の検査も必要なので、面倒でも毎回眼科に行き診察を受けてからコンタクトレンズを購入する方が安心です。

 

緑内障でもコンタクトレンズは使用可能ですが、間違った使い方をしたり、不衛生な状態での使用は目のトラブルにつながるので医師の指示に従うことが何よりも重要です。

 

コンタクトレンズが緑内障を悪化させることはありませんが、正しい使い方をしましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の人でもコンタクトレンズの使用は出来ますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。