緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の人でも使用できる風邪薬はありますか?

 

緑内障は治療が可能ですが、完治できるものではありません。

 

あくまでも進行を食い止めるという対処療法ですが、進行すれば失明する病気なので治療はとても重要になります。

 

眼圧が高い場合や血流障害など緑内障にもいくつかの原因がありますが、治療では原因を改善することで進行を食い止めることができます。

 

緑内障の治療には主に点眼薬を使用しますが、治療は長期間に及ぶので治療途中に風邪を引いてしまうこともあります。

 

点眼薬も薬なので副作用などもありますし、風邪を引いた時には風邪薬が必要になることもあります。

 

基本的に緑内障の治療中でも、風邪薬を使用することはできますが、緑内障の種類によっては使用しないほうがいい成分などもあるので注意しましょう。

 

注意が必要なのは抗ヒスタミン系の風邪薬です。

 

緑内障の原因にも種類がありますが、眼圧が高いことが原因の場合は抗ヒスタミン剤が眼圧を高くするので使用できません。

 

しかし風邪薬にも種類があるので、抗ヒスタミン剤を使用していないものなら使用してもいいとされています。

 

緑内障の治療中の人は風邪を引いた時、安易に市販の風邪薬を使用するのではなく、必ず病院に行き緑内障の治療中であることを医師に伝え使用可能な風邪薬を処方してもらいましょう。

 

せっかく緑内障の治療で眼圧をコントロールできていても、安易に市販の抗ヒスタミン剤を飲むことで治療の効果を消してしまうこともあります。

 

十分に注意が必要なので、必ず病院に行くことをおすすめします。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の人でも使用できる風邪薬はありますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。