緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の人でも胃カメラ検査は出来ますか?

 

緑内障は進行を食い止める治療をすれば、失明という最悪の状態は回避することができます。

 

しかし治療は1回すればいいというものではありませんし、長期間じっくりと向き合って行く必要があります。

 

緑内障の治療を続ける間に他の病気になったり、その疑いがある場合には検査が必要になることもあります。

 

病気の治療に使う薬や、検査の時に使用する薬の中には、緑内障の人が注意しなければいけない薬もあります。

 

例えば胃カメラ検査で使用する検査薬の中に、抗シリコン剤が含まれる場合は注意が必要です。

 

緑内障にもいくつかの原因があるので、原因によっては使用しても問題ないとされる場合もありますが、緑内障の原因が高眼圧で眼圧を下げる治療をしている人は注意しましょう。

 

抗シリコン剤には、散瞳の副作用があります。

 

散瞳によって眼圧が高くなるので、せっかく眼圧を下げる治療をしているのに効果がなくなってしまうからです。

 

眼圧が高くなると視神経にダメージを与え、視野を狭くしてしまうので症状が進行します。

 

緑内障の原因が血流障害であっても、眼圧が高くなると視神経にはダメージを与える事になるので、緑内障の治療中の人は胃カメラ検査の前に必ず緑内障であることと、治療中であることを医師に伝えましょう。

 

胃カメラ検査の前に飲む薬には、抗シリコン剤を使用することも多いので、検査前の注意事項にも緑内障の人は申し出るようにと注意書きがあるので、注意書きをよく読むことも大切です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の人でも胃カメラ検査は出来ますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。