緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の人でも妊娠・出産は出来ますか?

 

緑内障は40歳以降から年齢とともにリスクが高まると言われていますが、人によっては20代や30代で発症する人もいます。

 

しかし早い段階で緑内障がわかれば、進行を食い止める治療ができるので、失明のリスクも回避できます。

 

緑内障の治療は進行を食い止めるという対処療法しかできませんが、治療を続けていけば状態も安定します。

 

女性の場合、緑内障の治療中に妊娠することもあります。

 

緑内障の治療にはいくつか制約もありますし、避けておいたほうがいいこともあります。

 

まず心配なのが緑内障は遺伝すると言われていることです。

 

しかし100%遺伝するとは限らないので、妊娠を諦める必要はないと言われています。

 

ただし緑内障の治療に点眼薬を使用している場合は、点眼薬の副作用もありますし、妊婦には使用しないほうがいいと言われているものもあります。

 

この場合は必ず医師に相談しましょう。

 

妊娠しても使用できる点眼薬もあります。

 

自己判断で点眼薬の使用を中止してしまうと緑内障の症状を進行させてしまうこともあります。

 

次に出産後ですが、遺伝するかどうかは100%ではないにしてもゼロでもありません。

 

赤ちゃんがかかる緑内障もあるので、出産後に念のため検査を受けましょう。

 

先天性の場合はいつ発症するかも個人差がありますし、赤ちゃんの場合は自分では判断できないので検査も定期的に受けていくと安心です。

 

数は少ないと言われていますが、黒目が大きく見えるなど特徴もあるので、目の状態も常に確認してあげましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の人でも妊娠・出産は出来ますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。