緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の人でも飛行機に乗ることは出来ますか?

 

緑内障の人は長期間治療を続けることになりますが、状態が安定していれば失明のリスクは回避できます。

 

食事や生活習慣の見直しなども必要ですが、無理をしなければ緑内障でも治療を続けながら普通に生活することは可能です。

 

例えば海外旅行や仕事で飛行機に乗る必要が出た場合は、どうすればいいのでしょうか?

 

飛行機というと離着陸の時にかなりの衝撃を感じますし、上空に行くと気圧も変化するので目に負担がかかるようなイメージですね。

 

確かに多少の衝撃は感じますが、これが直接目に大きなダメージを与えることはないと言われています。

 

さらにある程度安定したら、機内の気圧は自動で調整されるようになっているので、上空何千メートルを飛んでいる間も目に負担をかけることはありません。

 

ただし治療に点眼薬を使用する場合、国や航空会社によってはテロ対策のため、機内に液体を持ち込めない場合があります。

 

しかし緑内障の治療に必要な場合は、事前に事情を説明しておけば適切な対応をしてもらえます。

 

黙って持ち込もうとすると没収される可能性もあるので、必ず事前に事情説明をして許可を得ておきましょう。

 

もしも搭乗時間が長くなる場合は、機内でゆったりとリラックスできるようエアー枕やアイマスク、耳栓などを用意しておくのもおすすめです。

 

寝不足は血流障害の原因になりますし、限られた空間で長時間過ごすことがストレスにならないよう工夫すれば長時間のフライトも快適に過ごせますね。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の人でも飛行機に乗ることは出来ますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。