緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の人でも歯科治療をすることは出来ますか?

 

緑内障の治療は長期間続けなければいけません。

 

それこそ一生付き合っていくことになります。

 

状態が安定していれば点眼薬だけでも過ごせますが、途中に他の病気や治療が必要になることも出てきます。

 

普通なら問題ない場合も、緑内障の治療中の人には危険になることもあるので注意しましょう。

 

例えば虫歯の治療をする場合、虫歯の進行状態にもよりますが麻酔を使います。

 

この時使う麻酔が緑内障の人には使えないものがあるので、歯科治療を受ける場合は、必ず緑内障であり治療中だということを医師に伝えましょう。

 

口の中のことだから目とは関係ないと勝手に判断し、これを怠ると麻酔で発作を起こすこともあるそうです。

 

発作が急性緑内障を引き起こす原因になることもあるので、十分注意しましょう。

 

急性緑内障の場合は早急に適切な処置をしないと、数日で失明に至ることもあります。

 

もしも虫歯の治療で近所の歯科医院に行っても、緑内障であると伝えると麻酔が使えないと言われることもあります。

 

また虫歯が進行してしまうと、麻酔なしでの治療はほぼ不可能なので、虫歯を作らないことも大切です。

 

しかし麻酔にも種類がありますし、今は歯科治療の技術も進んでいるので近所の歯科医院では対応できない場合は口腔外科などに相談するなどしてみましょう。

 

緑内障の治療は点眼薬だけでなく、食事や生活習慣の見直しも重要です。

 

この時に歯の磨き方も見直し虫歯予防をすれば、虫歯の治療の心配をしなくて済ますね。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の人でも歯科治療をすることは出来ますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。