緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の禁忌薬

 

緑内障は視野が狭くなりゆっくりと進行する目の病気です。

 

初期段階ではほとんど気づかずそのまま放置している人も多いので、緑内障患者の多くは自分が緑内障であることを知らないまま生活しています。

 

緑内障は治療で症状の進行を食い止めることはできますが、一度失われた視野は元に戻すことができません。

 

だからこそ早い段階で治療を開始することが大切です。

 

治療には主に点眼薬など薬物療法が選ばれますが、場合によってはレーザーや手術という選択肢もあります。

 

薬物療法の場合、緑内障の禁忌薬というのがあるのを知っておくといいでしょう。

 

緑内障と一言でいっても症状や状態には個人差もありますので、使用する薬は変わってきます。

 

点眼薬を使用することも多いのですが、相乗効果を期待して種類の異なる点眼薬を組み合わせて使うこともあります。

 

ただし緑内障の禁忌薬というのも存在するので、医師の指示を守ることも大切です。

 

緑内障の禁忌薬とされているのは、抗コリン作用のある薬です。

 

坑コリン薬には眼圧を上げる可能性があるので、緑内障の治療には不向きです。

 

緑内障の原因の多くは眼圧が高いことなので、眼圧を上げる可能性のある薬は使えません。

 

これ以外では、坑パーキンソン薬の一種も緑内障の禁忌薬となるものがあります。

 

これは緑内障の種類によっても変わるので、詳しいことは医師に直接質問すれば答えてくれるでしょう。

 

緑内障のように失明の可能性がある病気は、自己判断で薬を使うのは危険なことと自覚したいですね。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の禁忌薬

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。