緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障患者は短命ですか?

 

緑内障患者は短命だという説もあることは確かです。

 

ただしこれは糖尿病などが原因で緑内障を発症することもあることから、必ずしも「緑内障=短命」というものではないようです。

 

一般的な緑内障は、何もせずに放置しておけばやがて視野が完全に失われ失明に至ります。

 

しかし症状が進行するのはゆっくりなので、途中で緑内障であることがわかり治療をすれば症状の進行は食い止めることができます。

 

この時、他の病気が原因で緑内障になり、それが命を脅かすような病気であって、かなり症状が進行している場合は残された時間も少なくなることはあります。

 

しかし緑内障で失明するよりも、ほとんどの人が先に寿命を終えるとも言われているので、きちんと治療をすれば失明のリスクは回避できます。

 

元々病弱であるような場合は、ちょっとしたことがダメージとなり視神経にもダメージを与えてしまうこともあるでしょう。

 

しかしすべての緑内障の人が短命であるとは限りません。

 

もしも緑内障であることが分かっても、しっかりと治療をすれば普通に生活することは十分可能です。

 

緑内障患者は短命であるというのは、あくまでも一説に過ぎないのでそれほど気にする必要はありません。

 

ただし緑内障は食生活や生活習慣も大きく関係しています。

 

緑内障の人はもちろんですが、緑内障予防のためにも健康的な生活を心がけるのはとても大切です。

 

40歳という年齢を期に食事と生活習慣の見直しをするのもいい方法かもしれませんね。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障患者は短命ですか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。