緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



ものもらいから緑内障になることはありますか?

 

目の病気にも色々ありますが、ものもらいは比較的誰でも掛かりやすい病気です。

 

ものもらいには麦粒腫という正式名がありますが、細菌感染が原因で膿を持つ小さいニキビのようなものがまぶたに出来る状態です。

 

腫れは個人差もあるので、少し赤くなっていても清潔にしていれば自然と消えていくものもあります。

 

しかし常に不衛生な手で目をこすったりしてしまうと、ものもらいも大きくなり腫れも酷く化膿させてしまうと、切開して膿を出さなければいけなくなります。

 

この場合は自分では対処できないので、眼科に行き処置をしてもらいます。

 

切開をしてもその後は抗生物質の点眼薬や内服薬で治療をすれば回復します。

 

ものもらいが緑内障の原因になりうるかどうかですが、ものもらいが直接的な原因となり緑内障になることはないと言われています。

 

ただし常に不衛生な状態の手で目をこするなどしていると、目のトラブルも多くなるので常に炎症を起こすというのは目の健康にも良くないので改める必要があります。

 

目だけに限らず、帰宅したら手を洗うのは習慣にしておきたいですね。

 

風邪や他の感染症などは、手洗いをするだけでもリスクを減らすことができます。

 

ものもらいが直接的な緑内障の原因ではなくても、目に炎症を起こすような細菌は洗い流したほうがいいですし、目に見えないものなので注意が必要です。

 

緑内障は生活習慣や食事も関係しているので、生活習慣を見直すことで予防にもつながります。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

ものもらいから緑内障になることはありますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。