緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



片目だけ緑内障になることはありますか?

 

緑内障は目の病気であり、視神経にダメージを受けることで徐々に視野が狭くなり、何もせず放置しておくとやがて失明に至る病気です。

 

一般的には40歳以降に徐々にリスクが高くなるので注意を呼びかけていますが、多くの緑内障患者が自分が緑内障であることに気づかないまま過ごしてしまいます。

 

これにもいくつか原因がありますが、緑内障になる多くの患者が片目だけに症状が出るということも多少関係しています。

 

普通は物を見るとき両目で見ています。

 

もしもどちらか片方の目が緑内障にかかり、視野が少しずつ欠けていったとしても、もう片方の目がそれを補うため視野の異常に気づけないのです。

 

緑内障の検査は必ず片目ずつ行いますが、こうすることで視野の欠損があった場合も気づくことができます。

 

もちろん個人差もありますので、両目に緑内障を発症することもありますが、多くの場合はどちらか片方の目です。

 

視野が欠ける場合はゆっくり進行していきますし、どの部分から欠けるのかも個人差があるので、全く気づかないまま過ごしてしまう傾向があります。

 

何かおかしいと異常に気づいた時には、かなり症状が進行し視野のほとんどが欠けているというケースも珍しくないので早めに気づくことも大切です。

 

一度失った視野は元に戻すことができません。

 

ただし緑内障とわかった時点ですぐに適切な治療を開始すれば、症状の進行は食い止めることができるので失明のリスクも回避できます。

 

やはり早期発見&早期治療が大切です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

片目だけ緑内障になることはありますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。