緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



目の使い過ぎで緑内障になることはありますか?

 

緑内障は目の病気なので、目の使いすぎは良くないと言われています。

 

緑内障というのは眼圧が高くなったり、血流障害によるものが原因で視神経にダメージを与え視野を狭くしていくものです。

 

イメージとしては目を酷使することで眼精疲労を起こすことから、緑内障の症状を進行させてしまうのでは?と思われています。

 

しかし実際のところ目の使いすぎで緑内障の症状が進行することはないと言われています。

 

適切な治療を続け、高眼圧や血流障害という視神経にダメージを与える原因を押さえておけば、普通に生活することも可能です。

 

注意事項などもありますが、緑内障でもスポーツをすることもできます。

 

長い時間パソコンに向かったり、テレビを観たり、暗いところで文字を読むのは目を疲れさせる原因なので、緑内障と直接的に関係なくても目の使いすぎは避けておいたほうがいいかもしれません。

 

血流障害のある人は、眼精疲労も起こしやすいので、目の疲れや肩こりからくる激しい頭痛が続く場合は一度検査をしたほうがいい場合もあります。

 

緑内障は進行していく病気ですが、治療を開始するのが早いほど、失う視野も少なく済みます。

 

一度失った視野は元に戻すことができないので、早期治療はとても大切です。

 

仕事柄どうしても目を使いすぎてしまう人は、家に帰ったら蒸しタオルパックなどでその日のうちに疲れを取っておくことも心がけてみましょう。

 

温めることで血行も促進されるので、目の疲れも取れスッキリします。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

目の使い過ぎで緑内障になることはありますか?

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。