緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と妊娠・授乳

 

緑内障は40歳を過ぎたあたりからリスクが高まるので、高齢者の病気とは限りません。

 

原因にもいくつかありますが、主に何らかの原因で眼圧が高くなるため視野が狭くなってしまいます。

 

希に両目が同時に進行することもありますが、大抵は片目だけに症状が出るので、もう片方の目が見えない分を補うためなかなか気づかず放置されてしまうことも多いのです。

 

人によっては40歳以前に症状が出始めることもあるので、この場合はすぐに点眼薬などで眼圧を下げ症状が進行するのを食い止めます。

 

また、緑内障の治療中に妊娠することもありますし、妊娠中や授乳中に緑内障だと分かる場合もあります。

 

現段階では緑内障治療に使用する点眼薬は、妊娠中に使用するにあたり安全性が確立していないため、妊娠中や授乳中は使用を控えるようにと注意しています。

 

また授乳中の場合はラットの実験段階で母乳中に点眼薬の成分が移行することが確認されているので、使用を控えるようにとされています。

 

一応点眼薬の効果があり、妊婦や授乳中の人に対しての危険が低く効果の方が上回る場合は使用する場合もあります。

 

ですが、一般的には赤ちゃんへの影響を考えて点眼薬の使用を控えるような傾向があります。

 

妊娠中や授乳中の人に対しての危険というのは万が一のことを想定してのことなので、リスクが低いと医師が判断した場合は使用することもあります。

 

症状には個人差がありますので一概には言えませんが、医師とよく相談して決めていくのが一番でしょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と妊娠・授乳

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。