緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と眼圧の関係

 

緑内障は原因の多くが眼圧に関係していると言われています。

 

症状にも個人差がありますが、多くの場合何らかの原因で眼圧が高くなってしまい視野が狭くなるという症状が出ます。

 

緑内障は治療が可能ですが、この場合の治療は完治というものではなく、それ以上症状が進行するのを食い止めるものです。

 

緑内障は症状が進みそのままにしておくと、どんどん視野が狭くなりやがて失明してしまうこともある怖い病気です。

 

そのため常に眼圧を下げ、それ以上症状が進行しないようにしておくことが大切です。

 

治療には点眼薬やレーザーを使いますが、効果が出て眼圧が正常に戻ればそれ以上症状は進行しません。

 

ただし、一旦は治まっても再発する可能性が高いので、その後の経過を見守ることが大切です。

 

しかし、中には眼圧はそれほど高くなく正常に近いのに緑内障と診断されることがあります。

 

この場合は他に原因があるので、その原因を調べそれを抑えるような点眼薬を選ぶことになります。

 

いずれの場合も原因をはっきりさせておくことで、適切な処置ができます。

 

緑内障であるかどうかについては、初期ではほとんど自覚症状がありません。

 

セルフチェックの仕方もありますが、正常な盲点などもあるので判断は難しくなります。

 

主に40歳以上になると緑内障のリスクが高まると言われているので、40歳を過ぎたら定期的に緑内障の検査を受けておくと安心ですね。

 

緑内障の検査は眼科に行けばすぐにやってもらえますし、結果もすぐにわかるので早めに治療を開始できます。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と眼圧の関係

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。