緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と年齢の関係

 

緑内障は高齢者の病気というイメージがありますが、リスクが高まるのは40代からだとも言われています。

 

中には30代後半で緑内障になる人もいますので、一概に年齢だけが原因とは言えません。

 

しかし統計を見る限りでは、40代で緑内障有病率が約2%なのに対して、70代では10%を超えるとも言われていることを考えると、年齢とともに緑内障のリスクは高まるということになります。

 

ただし緑内障の特徴として、初期の段階ではほとんど自覚症状がないため、自分が緑内障であることに気づかないまま過ごす人が多くいます。

 

緑内障というのは視神経に異常が起こり、段々と視野が狭くなってしまう病気です。

 

放置しているとやがて失明に至る恐ろしい病気でもあります。

 

ではなぜ自覚症状がないのかについてですが、厳密に言えば少しずつ視野が狭くなるという症状が出ているのですが、症状が出るのがどちらか片方の目であることが多いのです。

 

目にはどちらか片方が何らかの原因で異常が出た場合でも、もう片方がそれを補おうとする機能があるため、片方の目の視野が狭くなっていてもそれに気づきにくいのも長く放置してしまう原因となっています。

 

私たちは普段物を見るとき両目で見ます。

 

もしも緑内障の症状が出ていた場合も、片目ずつ視界をチェックすると気づきやすいのですが、両目で見た時それを補うので異常に気づかないのです。

 

緑内障の検査は眼科に行けばすぐに出来る簡単な検査なので、ある程度の年齢になったら定期検診を習慣にしておくと安心です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と年齢の関係

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。