緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と低血圧の関係

 

緑内障は眼圧が高くなることで、視神経を圧迫し少しずつ視野が狭くなっていくという症状が出ます。

 

厄介なことに初期の段階ではほとんど気づかないまま過ごしてしまうので、緑内障であるとわかった時にはかなり症状が進行していることも珍しくありません。

 

視野が狭くなるスピードにも個人差はありますが、進行が遅くなかなか異常に気づかないのも緑内障の発見が遅れる理由と言えます。

 

ただ緑内障になりやすい人やそのリスクが高い人の場合、あらかじめわかっている原因もあるので当てはまる場合は40歳を過ぎたら毎年緑内障の定期検診を習慣にしておくといいでしょう。

 

一般的に40歳を過ぎると緑内障になるリスクが高まり、年齢を重ねるごとにさらにリスクも高まると言われています。

 

また緑内障と低血圧の関係も注目されています。

 

低血圧の人全てが緑内障になるということではありませんが、「血圧が低い=血の巡りも悪い」ということになります。

 

緑内障と大きく関係している視神経もそうですが、全身の血行不良は目の眼圧にも関係しているので血圧が正常な人と比べた時、眼圧や視神経にも影響を受けやすいとされています。

 

血行不良も視神経に悪影響を与えやすいため、緑内障とも無関係ではないとされているのです。

 

血行不良が原因である場合は、血の巡りを良くするような食事や体を冷やさず温めるなど工夫をすることである程度改善できます。

 

しかし自己流では限界もあるので、この場合は眼科で相談してみることをおすすめします。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と低血圧の関係

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。