緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と冷え性の関係

 

緑内障の原因は眼圧が高くなることで視神経を圧迫するのが一般的ですが、原因はこれだけではありません。

 

緑内障と冷え性の関係も全く無関係とは言えないのです。

 

緑内障のリスクが高まるのは40歳を過ぎたあたりだと言われていますが、冷え性の人はそのリスクも高まることになるので注意しておくといいでしょう。

 

冷え性の場合、全身の血行不良という状態です。

 

新鮮な血液が体の隅々まで行き届かないので、まず手足の指といった末端が冷えやすくなります。

 

これは目の神経=視神経にも起こりうることで、血行不良が視神経にも影響を与えることがあるため、緑内障の原因になると考えられています。

 

血行不良の原因にもいくつかありますが、ストレス、睡眠不足、食生活と生活習慣、禁酒、喫煙なども血行不良の原因となります。

 

ただし冷え性の人が全員緑内障になるということではなく、あくまでもリスクが高くなるということです。

 

しかしリスクがあるとわかっているのなら、それを改善することで緑内障を予防することもできます。

 

緑内障であるかどうかは眼科に行き検査をすればすぐにわかります。

 

もしも緑内障と診断されても発見が早くすぐに適切な治療を開始すれば、多くの視野を失わずに済みます。

 

緑内障はそのまま放置しておくとやがて失明してしまう怖い病気です。

 

一度失われた視野は二度と元には戻らないので、早めに治療を開始することも重要です。

 

冷え性は生活習慣の見直しで改善していきましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と冷え性の関係

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。