緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と肥満の関係

 

緑内障の原因にもいくつかありますが、緑内障と肥満も全くの無関係とは言えません。

 

肥満体の場合は体全身に脂肪の鎧をまとっているような状態なので、脂肪が様々なところに悪影響を与えます。

 

これは目にも言えることで、痩せている人と比べると肥満体の人の方が眼圧が高いことも確認されています。

 

緑内障の原因の多くは眼圧が上がることで視神経を圧迫し視野を狭くするというものですが、肥満体であることも眼圧を高くするのです。

 

ただし肥満体の人が全員緑内障になるというものではありません。

 

肥満と緑内障の共通点として、不健康な生活習慣というのがあります。

 

不健康な生活習慣は、血行不良、冷え性、睡眠不足、偏頭痛、目への負担なども引き起こします。

 

これらの症状は全て緑内障とも共通しているので、自分では気づいていないだけで検査をしたら緑内障だったということもあるかも知れないのです。

 

肥満体でいること自体健康にも良いことはありませんし、そこから糖尿病や高血圧など生活病にもつながります。

 

実際に肥満体の方が眼圧も高くなりがちですし、その状態も長く続くので緑内障のリスクは高くなっていきます。

 

もちろんはっきりとしたことは眼科で検査をしないことにはわかりませんが、肥満であるということが緑内障のリスクを高めるということも否定できない以上、早めに検査を受けておくのが賢明でしょう。

 

緑内障の治療はそれ以上症状が進行しないよう食い止めることしかできませんが、治療を開始するのが早いほど失われる視野も少なく済みます。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と肥満の関係

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。