緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と近視の関係

 

近視の人は緑内障のリスクが高いとも言われています。

 

近視にも幅がありますが、強度の近視になるほど緑内障のリスクは高まることも確認されています。

 

緑内障は40歳あたりからリスクが高まると言われていますが、年齢も大きく関係しています。

 

年齢が高くなるほど緑内障のリスクも高くなりますが、ここに近視という条件がプラスされるとさらにリスクは高くなってしまいます。

 

さらに近視が緑内障の原因となっている場合、その多くが眼圧には異常がなく正常値なので本人が自覚していない場合は発見も遅れるため失明の確率も高くなると言われています。

 

特に日本人には近視の人が多いため、近視が緑内障の原因となっていることも多いと言われています。

 

もしも近視である場合、40歳近くなったら念のため緑内障の検査も受けておくといいかもしれませんね。

 

近視の人が全て緑内障になるというわけではありませんが、年齢とともにリスクが高まる以上、予防策として緑内障の検査も大切になってきます。

 

緑内障は視野が狭くなる進行性の病気です。

 

発見が早いほど治療を早く開始できるので、その時点より症状が進行するのを食い止めることができます。

 

しかし一度失われた視野は二度と元に戻りませんので、早めの治療がどれだけ大切かがわかると思います。

 

検査を習慣にしておけば、もしも緑内障であると分かってもその時点ですぐに治療を開始できますので、早めの対処ができます。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と近視の関係

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。