緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と遠視の関係

 

近視が緑内障の原因になることが確認されているのなら、遠視の場合もその可能性は否定できない部分はあります。

 

しかし近視と遠視は少し事情が違うので、「遠視である=緑内障になる」というものではないのです。

 

遠視の人の特徴として、多くの人が眼球自体が小さいというのはあまり知られていません。

 

眼球が小さいなら眼圧が上がりにくいと考えがちですが、眼球が小さい場合は房水が通る管も細くなります。

 

つまり通常よりも小さい眼球は、房水の通り道である管も細いため詰まりやすい状態であると言えます。

 

管が詰まるとその影響で眼圧が高くなることもあるので、結果的に遠視が緑内障の原因に繋がることも十分有り得るのです。

 

ただし緑内障の場合は原因に関係なく、初期にはほとんど気づかないまま過ごすことが多いので、なかなか発見できません。

 

緑内障は視神経に影響が出て視野が狭くなり、そのままにしておけば失明に至る病気です。

 

視野が狭くなるという症状が出たらすぐに気づくと考えがちですが、症状が出るのがどちらか片方の目であることが多いのも症状を進行させてしまう原因となってします。

 

片目の視野が狭くなってももう片方がそれを補うので、両目で見ていると視野の欠損に気づきにくいのです。

 

遠視の人も緑内障になるリスクは決して低いとは言えないので、40歳前後になったら毎年1回でも緑内障の検査を受けることを習慣にしておくと安心ですね。

 

早期発見は早期治療につながりますので、失う視野も最小限で食い止めることが可能です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と遠視の関係

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。