緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と高血圧の関係

 

低血圧が緑内障の原因となりリスクを高めていることは確認されていますが、では高血圧の場合はどうなのでしょうか?

 

個人差もありますしその他の要因なども関係しているので、高血圧だから必ず緑内障になるというわけではありません。

 

しかし高血圧であることも緑内障とは無関係とは言えないようです。

 

実際に高血圧の人が緑内障になるケースも多いことが確認されています。

 

一般的に低血圧の方が血行不良が酷い状態だというイメージがありますが、実は高血圧も同じように血行不良の原因となります。

 

高血圧の場合は血がドロドロになる傾向もあるので、結果的に血行不良となり視神経にも影響を与えます。

 

血がサラサラならスムーズに血管を通って行きますが、これがドロドロになってしまうと血管をスムーズに通れなくなり、結果的に血管に圧力がかかるため、視神経にも影響が出て眼圧が高くなってしまうのです。

 

もちろん高血圧の人は血がドロドロにならないよう薬を飲んでいると思いますが、血行や血圧は食事や生活習慣なども関係してくるので、緑内障の予防という意味も兼ねて生活習慣の見直しが何よりも重要になります。

 

血をサラサラにする作用のある食材を積極的に取り入れるのもいいですが、やはり高血圧である以上緑内障のリスクは高まるので、眼科での検査も定期的に受けるようにしておくと安心ですね。

 

リスクが高くてもそれを回避する方法はありますので、可能な範囲で取り入れていきましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と高血圧の関係

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。