緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障の症状

 

緑内障は気づかない間に視野が狭くなってしまう目の病気です。

 

初期の段階にはほとんど自覚症状がありません。

 

症状が出ていたとしてもどちらか片方の目だけに出るものなので、もう片方の目で補おうとするため気づけないこともあるのです。

 

症状としてはまっすぐ前を向いた状態で、どこか1点を中心とした時、中心から外れ離れていくに従って見えなくなる部分が多くなるものです。

 

両目に同時に起こることはごくまれなので、大抵はどちらか片方だけです。

 

しかしもう片方の目で補おうと、本能的な機能が働くので気づかないまま症状が進行してしまいやすいのです。

 

緑内障の大きな特徴は、視野が狭くなる事ですが、本来見えているはずの視野が狭くなり見えないところが出てきます。

 

鼻側階段といって中心から少しずれたところから視野が狭くなっていく傾向があるので、これも緑内障を気づきにくくしてしまう原因の一つになります。

 

緑内障はゆっくりと進行していくのですぐにどうにかなるものではありません。

 

ですが、気づかないまま過ごすことが多く症状を実感した時には既にかなり進行した状態であることも珍しくありません。

 

緑内障は放置したままにしておくと、最悪失明してしまうこともある怖い病気です。

 

早期発見で早期治療も可能になりますが、40歳以降は緑内障のリスクも高まるので、定期的な目の検査や健康診断を受けるようにすると安心です。

 

緑内障は高齢者の病気というイメージですが、中高年に多い病気でもあるので覚えておきましょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障の症状

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。