緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障とカフェインの関係

 

緑内障は眼圧が高くなることで視神経に影響が出て視野が狭くなるというのが一般的です。

 

しかし眼圧が正常なのに緑内障になる人もいます。

 

様々なことが緑内障の要因となることもありますが、カフェインも緑内障と関係があるという意見もあります。

 

カフェインの過剰摂取は眼圧を高めることが確認されています。

 

ただし適度な量のカフェインであれば、即緑内障になるというものではありません。

 

例えばコーヒーが好きな人でも朝と夜に1杯程度であれば特に問題はありません。

 

しかしカフェインはコーヒーだけに含まれているものではありません。

 

カフェインは、色々な飲み物に含まれています。

 

緑茶、抹茶、番茶、ハーブティー、紅茶、アルコール、コーラなどにも含まれているので、コーヒーは朝と夜だけでも他にカフェインを大量に摂取していれば、それだけ緑内障のリスクは高まってしまいます。

 

また薬の中にはカフェインを含むものもあるので、常備薬にカフェインが含まれている場合も注意が必要です。

 

カフェインの量によっては緑内障のリスクを高めてしまうので、過剰摂取にならないようカフェインの量もチェックしてみましょう。

 

一般的には1日200mg以下であれば問題ないと言われているので、この量を超えないよう調節することも大切です。

 

ノンカフェインのコーヒーに替えたり、カフェインを含まない飲み物を選ぶといいでしょう。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障とカフェインの関係

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。