緑内障の症状・原因・治療法・治し方・名医・薬



緑内障と酸化ストレスの関係

 

緑内障の原因にも色々ありますが、血行不良もその一つだと言われています。

 

ということは血行不良になる原因のストレスも関係しているということになります。

 

この場合は酸化ストレスになります。

 

酸化ストレスという言葉からも想像できるように、体を酸化させ活性酸素をたくさん作ってしまいます。

 

活性酸素は体をサビさせるとも言われるように、体にとっていい影響は与えません。

 

タバコや加齢も酸化ストレスの原因になるので、これに関係するもの全ては緑内障のリスクを高めるということになってしまいます。

 

緑内障は様々な原因で、視神経に影響を与え視野が狭くなってしまう病気です。

 

進行形の病気なのですが、初期の段階では気づかないまま生活してしまいがちです。

 

異常に気づいたときや、検査などで緑内障だとわかった場合は既に症状もかなり進行した状態であることが多いのです。

 

緑内障と酸化ストレスの関係も実際に確認されていることなので、酸化ストレスの原因になることはできるだけ避けておきたいものですね。

 

また緑内障のリスクは40歳以降に年々高くなって行くとも言われています。

 

どうしても高齢者の病気というイメージがあるので、自分はまだ大丈夫と考えてしまう人も多く、これも緑内障の発見が遅れる原因となっています。

 

眼科に行けばすぐに検査ができるので、40歳を過ぎたら緑内障の検査を毎年受けるようにするなど自分のできる範囲の予防をしていきましょう。

 

一度失った視野は元に戻せないので予防も大切です。

 


ショッピングカートが使えるレンタルサーバー

緑内障と酸化ストレスの関係

緑内障で悩んでいる方のために緑内障の検査方法や症状、原因、最新の治療法、自分で治す方法、名医、一般的な目薬と副作用など緑内障に関する情報を詳しく紹介しています。